「月替わりの献立-6月の季節のおそばとご飯-」Monthly menu June.2022

皆様こんにちは、毎度ありがとうございます。
店前の街路樹下にある雨の似合う花群も、用意周到に順次開花を始めている様子です。
コロナの方も去年ほどの脅威は無くなった様で、少しずつですが平常に戻っていって欲しいところです。

さて、梅雨の季節になりそうです。季節の献立も変わります。

2022年「6月の季節のおそばとご飯」1,450円

2022年「6月の季節のおそばとご飯」1,450円

  • 花巻蕎麦
  • 谷中飯
  • 夏野菜と魚の南蛮漬け

です。

○花巻蕎麦

香りの良い種物です。この選択も6月の定番となりました。
梅雨時分の肌寒い時もありますので、今月は温かい出汁ものにします。
海苔と山葵の香りを充分に堪能して下さい。

○谷中飯

新生姜の季節です。出汁で炊いた針生姜を入れた混ぜご飯です。
歯触りと後味のサッパリ感が身上です。

○夏野菜と魚の南蛮漬け

色の綺麗な夏野菜を使いたくて、揚げ浸しで提供します。
魚と記しましたが主に鱧を使おうと思っています。
小鮎や帆立等の魚介も時には参戦します。

こんな感じです。今月は無難なところで落ち着きました。
月に何度もご注文いただくとか、電話での取り置きを所望されたりとか作り手にはこの上なく嬉しい見返りです。
毎月これを励みに頑張れています。
ホントありがとうございます。
と言う事で今月も沢山のご来店お待ちしております。

追記としまして、今月中にも当店東横と道挟んでの2棟が建設工事に着工されます。
これに伴って当分の間、駐車場への道のりが工事車輌等でかなり不便になると予想されます。
警備員さんの誘導もお願いしたいと思っていますが、お客様も十分気をつけて運転なさって駐車願います。
宜しくお願い致します。

「月替わりの献立-5月の季節のおそばとご飯-」Monthly menu May.2022

5月の季節のお蕎麦とご飯

皆様こんにちは、いつもありがとうございます。
GW中は沢山のご来店、誠にありがとうございました。
規制のかからない休日は本当に久しぶりで観光地は何もそうでしょうが、当店も恩恵にあずかり大勢様のお運びでした。時間帯によりましては大層お待たせしてしまって申し訳ありませんでした。

さて、本日から”季節の献立”始めます。
連休中の仕込みの都合でお待たせしていまして、すいません。

2022年「5月の季節のおそばとご飯」1,450円

5月の季節のお蕎麦とご飯

  • 冷やしきつねそば
  • オリーブ香るシラス飯
  • 鰹たたき

です。

○冷やしきつねそば

冷やしきつねそば

今月は冷たい麺にしてみました。
未だ少し肌寒い日もあるでしょうけど、蕎麦で初夏を感じて下さい。
甘く炊き上げた油揚げの乗ったぶっかけ蕎麦です。
白髪ネギと青物と一緒によく混ぜてお召し上がりください。

○オリーブ香るシラス飯

オリーブ香るシラス飯

お初提供です。いわゆるシラス混ぜご飯ですが、オリーブオイルと出汁醤油で合わせてあります。好相性の組み合わせだと思います。
カリカリと歯にあたるのは、秋田名産” いぶりがっこ”です。オリーブの香りプラス燻製の香りで相乗効果が生まれます。
天にはタップリの青じそです。

○鰹たたき

鰹たたき

皐月の定番のおかずです。
昨今、海水温の変動で漁獲量も減ってきている様子でシーズン魚とも言えなくなってきましたが、安定入荷に期待して今年も炙ります。
ポン酢でお召し上がりください。
甘酢茗荷と蛇腹胡瓜が脇を務めます。

こんな感じで10日遅れの献立です。
割に涼やかに仕上がってるいると思いますので、ご賞味下さい。
今月も最後迄お付き合いください。

追記と致しまして、誠に勝手乍ら
24(火)、25(水)、26(木)の3日間
連休させていただきますのでご容赦願います。

「月替わりの献立-4月の季節のおそばとご飯-」Monthly menu Apr.2022

皆様こんにちは、何時もありがとうございます。
ご近所さんのお庭の桜ももう、満開近しといったところでしょうか。
ウグイスとまではいきませんが、メジロの緑が所々見え隠れ、なんとも暖かそうな春の景色です。
このところの陽気でお出掛けし易いのか、店の方もまんえん防止措置が解除になり少しずつですがお客さんの足も増えてきている様に思います。

さあ、月変わりです!季節の献立も新しくなります。

2022年「4月の季節のおそばとご飯」1,450円

  • 若筍蕎麦
  • 桜海老天丼
  • ふきと魚介の酢の物

春の食材ばかりで献立ました。

○若筍蕎麦

去年同様、筍は蕎麦で仕立てました。
最高の相棒、若布と共に熱々の種物でお召し上がりください。
天には一足早く木の芽の香りです。

○桜海老天丼

これも定番となりましたが、今年も駿河湾産直の生桜海老と三つ葉のかき揚げ天丼です。
シャクシャクと歯触りが小気味良い天ぷらです。
えんどう豆の緑を上に置きました。

○ふきと魚介の酢の物

ふきの淡い緑が春先にはもってこいです。
ホタルイカ、帆立貝、酢締め魚がしっかり脇を固めます。
両者を土佐酢が上手にまとめます。
桜の花も色と香りで参加します。

其所そこで、夜桜ライトアップ演出があります。
見物のそぞろ歩きの行き帰りにお立ち寄り下さい。
どうぞひと月宜しくお願い致します。

「月替わりの献立-3月の季節のおそばとご飯-」Monthly menu Mar.2022

皆様こんにちは、何時もありがとうございます。
往来に面した庭木の新芽も綻び始めて、ようやくはんなりした季節に
移っていくのだと感じていますが、依然としてウィルスとの戦いの収束は
見えず、あろう事か今度は人為的な紛争や殺戮のトップニュースの毎日に
とても春の陽気な挨拶は出来そうにありません。
何方とも収束を願うばかりです。

3月です、季節の献立も一新です。

2022年「3月の季節のおそばとご飯」1,450円

  • 蛤蕎麦
  • 蛸飯
  • 新玉ねぎと鶏胸肉の南蛮漬け

今年は虫偏の献立が二つもエントリーしました(笑)

○蛤蕎麦

3月と云えば桃の節句。お雛様の貝合わせに因んで蛤を使いました。見た目だけじゃなく良い出汁が溶け出します。今年は柔らかい新キャベツの布団の上にのせて菜の花にも蝶々が寄って来ています。

○蛸飯

冬が旬な真蛸ですが湯がきますと桃色になりますので此方も節句に因んで混ぜご飯にしました。歯触りが変わる様に細目大根も一緒に入っています。
天に三つ葉の色と香りです。

○新玉ねぎと鶏胸肉の南蛮漬け

甘くて柔らかい新玉ねぎを、生で食べて欲しくてサラダ仕立てになっています。朝引きの鶏胸肉はパサ付かず、
とてもしっとり甘酢と絡みます。玉ねぎはポン酢味がついています。
天はスナップエンドウの緑です。

とこんな感じです。

春めいてきたら遠出もしたくなるのになかなか歯痒いです。
せめてこの措置が解除になるのを期待して3月もひと月
どうぞ宜しくお願い致します。

「月替わりの献立-2月の季節のおそばとご飯-」Monthly menu Feb.2022

皆様こんにちは、何時もありがとうございます。
月替わりです。どう云う訳か今年の1月は、個人的には”行く”と云う程には速くありませんでした。やはり普通ではない状況がそうさすのかもしれません。先述しました様に、当店は認証申請しませんでしたので、時短とアルコール類の提供は全面的に停止しての営業となっております。いったいどれ程の効果があるのか甚だあやしいものですが、決まった事ですので期間中はどうか辛抱していただいてご協力下さい。

さて、2月のメニューです。

2022年「2月の季節のおそばとご飯」1,450円

  • 菜の花玉子とじそば
  • 節分豆ご飯
  • 鰯の天ぷら
  • 畑菜の辛子和え

です。

○菜の花玉子とじそば

例年ですと油揚げの”きつねそば”で節分をイメージですが今年は菜種の油を玉子に吸わせて、少しコクのある”きざみそば”にしてみました。アブラナ科独特の香りが特徴です。

○節分豆ご飯

12ヶ月の中でも、とっても受けの良いご飯です。煎り大豆の香ばしさが身上の混ぜ飯です。
天に鬼のパンツです(笑)

○鰯の天ぷら

中羽鰯を3枚におろして揚げてあります。相方は今年は“さきイカ”が務めます。いわゆる”スルメ”の天ぷらです。お塩でどうぞ。

○畑菜の辛子和え

イレギュラーで今回、香の物の代わりにゆがいてあります。キツ目の辛子で和えました。旬の野菜は甘いですよ!
天に炒りごまです。

こんな献立です。

何時もですと、不都合や厄介事を鬼に見立てて退散願う豆まきですが昨今の鬼には何粒投げても効きそうにありません。
信心事をも凌駕する目に見えない敵は、もはや共に生きていかなくてはならなそうです。
店の方も約束事は守りつつ営業していきますので、どうかご協力お願い致します。

今のところ閉店時間も30分早くて19時30分迄です。
ご迷惑掛けますがどうぞ宜しくお願い致します。