6月の”季節のお蕎麦と御飯” 1,350円| 月替りランチ お弁当

6月の”季節のお蕎麦と御飯” 1350円

皆様おはようございます。何時もありがとうございます。
今日から六月です。
早いものでもう一年の半分まで過ぎました。
店の裏庭の紫陽花もちらほら花をつけはじめ、次は自分の出番とばかりに玄関戸でお客様を迎える準備も周到です。

さて、月替わりの献立も一新です。
今月はこんな感じです。

6月の”季節のお蕎麦と御飯” 1350円

  • 花巻蕎麦
  • 漬けサーモンを乗せた大葉ご飯
  • 夏野菜と生ハムの黄身酢掛け

花巻蕎麦は季節では無いのかもしれませんが、夏季中冷たい麺が続く中で梅雨時に肌寒い日もあるだろうと敢えて毎年、温麺にしています。

花巻蕎麦
店主個人的に大好きな種物でして、馴染みの無いこの名前を知っていただこうとセットメニューに登場させています。

花巻蕎麦温かいかけそばの上に海苔と山葵を乗せたごくシンプルな蕎麦ですがなんとも言えない良い香りの種物なのです。
花巻”の由来はどうも地名ではなくて、浅草海苔を”磯の花”と呼んだ事に因んでいるようです。
粋なネーミングの江戸前蕎麦ですね。

漬けサーモンを乗せた大葉ご飯漬けサーモンを乗せた大葉ご飯
大葉ご飯には、今年はサーモンをあしらってみました。
毎年刻み大葉を混ぜこんだあっさり飯なので、サーモンを麺汁に漬けてねっとり感もプラスしてあります。
天の新生姜の甘酢も本領発揮いったところです。

夏野菜と生ハムの黄身酢掛け
最後のおかずは歯触りを大事にして、サラダ仕立てにしてみました。
生ハムの塩気と野菜の甘さ、黄身酢のこってりの一体感です。
日によって野菜の種類も替えていこうかなって思っています。
ここにもオリーブオイルを使った麺汁ドレッシングが少し掛かっています。

今月は少し寒暖差がありますので身体の調整しっかりなさって下さい。
最後まで宜しくお願いしますm(_ _)m

季節到来!エメラルドグリーンの粋な奴♪|ハートランドビールHEARTLAND

ハートランドpic1

皆様こんにちは、何時もありがとうございます。
市内は葵祭も終わり、梅雨を待つ季節になってきました。まだそこまで湿度は無いものの、日中は外で少し動きますと汗ばむ気温です。

ハートランドpic1
そこで冷たい麺と共にシーズン到来となるのが、キンッ!と冷えた ” 生ビール “です(アルコール苦手!な方ゴメンナサイ(>.<)y-~)。
当店も去年同様、五月から夏期銘柄に替えてのスタンバイとなっています。
メーカーさんは同じ”キリン”ですが、今までの “一番搾り” から “ハートランド“に変更しての提供です。

この “ハートランド”、案外ご存知の方が少なくて、名前を申しますと『えっ?日本のビールなの?』『その英国ビールを一杯!』なんて言葉が返ってくる事もしばしばです。

ハートランド瓶
無理もなくて他のビールの様に缶での仕様が無く、”樽” と “瓶” だけの販売なのです(昔は缶もありました)。ですから、コンビニエンスストアやスーパーで目にする機会が少ないので知名度が上がらないのでしょうね。”瓶”の 様子も変わっていて、綺麗なエメラルドグリーンに大樹のエンボス加工が施された、正に海外のビールのそれの様です。

ハートランド生ビールサーバー
肝心のお味ですが、飲み口はとても軽くそれに合わせるように色も淡く涼しそうで、泡の切れも良くて、なんと云っても後に残る”アロマホップ”の香りがとても清々しいのです。
別に”キリン”さんの宣伝の片棒を担いでいる訳ではないのですが…。
暑い外から入って来られますと、直ぐに喉の渇きを潤してもらおうと女性にも受けの良い飲み口を選びました。
冬場は”鍋”や”鴨なんば”と云った、謂わば濃い味のメニューに合わせてビールも少し苦味のある重たい感じでの提供ですが、夏季の間は清涼感重視としました。

ハートランドpic2
“板わさ””玉子焼き”なんて蕎麦屋の定番のアテにもバッチリ合います。
是非一口、グビッ!とやってからご注文下さい。

『なんやかんや云うてるけど、お前が好きなだけやろ!?』
「はい、おっしゃる通りでございます( ̄□ ̄;)!!」

ハートランド ポップ
生ビール(ハートランド”)
中 550円
小 300円

「クレソン? チーズ? そば?」京都|北山|蕎麦|5月のランチ

季節のお蕎麦とごはん

皆様何時もありがとうございます。
ゴールデンウィークは沢山のご来店、誠にありがとうございました。
昼の一時は、長い時間お待たせして申し訳ありませんでした。
席数も限られており、予約もおきき出来ません事ご容赦下さいm(__)m
さて、連休中は仕込みの都合上、お休みしていました

「季節のお蕎麦とご飯」1,350円「季節のお蕎麦とご飯」1,350円

今日から始めます。お待たせいたしました!
今月の献立は

    • クレソンとカッテージチーズ、豆腐、海老のクミン風味の冷製そば
    • 谷中飯(新生姜)
    • 鰹のたたき

です。

この投稿のお題にもあります様に「日本蕎麦に”クレソン”?」ってなりますが
“クレソン”は別名” オランダガラシ “とも言います。
クレソン・オランダガラシ クレソン・オランダガラシ俗に言われている、”山葵”の様に清流でしか育たないというのはどうやら嘘の様で何処にでも生育し、しかも成長がすこぶる早いアブラナ科の植物です。
ワサビ、ダイコン同様の辛味成分” シニグリン “を含んでおり、茎の方などはピリッと薬味の代わりになります。
見た目も涼しそうなので、ぶっかけの天の盛り付けには重宝します。

次は、”チーズ “と言いましても、代表的な熟成チーズとは違って非熟成の” カッテージチーズ “です。ご家庭でも簡単に作れるあのポロッポロッとしたチーズです。

カッテージチーズ爽やかな酸味が欲しくて、これとレモン豆腐を混ぜ合わせて用います。
意外にも鰹の醤油出汁と好相性です!

後は少し香りをプラスしたかったので、海老を炒める時に” クミンシード “スパイスを用いました。
海老、クミンシード

一体、どんな味になっているんだろう?とお思いでしょうが、かなりお好きな方もおられて、「今年もやってや!」なんて、お声掛かりになっています。
なんとも爽やかなサッパリ味の冷たいお蕎麦に仕上がっていると思いますよ♪

ご飯は春の定番、新生姜の” 谷中飯 “。

新生姜の"谷中飯 “谷中 “は東京の地名からついていまして、昔から生姜の産地だったらしく
葱の事を”なんば “と呼びますが、これも大阪の”難波”からついて同じく辺り一体
葱の生産が盛んだった様です。同様の地名名ですね。
何れにしても、とても歯触り良く爽やかな味ですし” クレソン “同様に食欲増進効果もあると言われています。

おかずは、これも定番ですが ” 鰹のたたき ” です。

鰹のたたき毎日、自家炙りでお出ししますので数に限りがございます。
ですので、魚が無くなり次第その日は売り切れとなります事ご容赦下さい。

如何です?美味しそうな説明になってますでしょうか?(^^;
お待たせしました。本日より始めます!
今月は ” 鯉のぼり “の月です。お客様の入りも益々の” 昇り調子 “になります事、期待しております。
鯉、鯉! 来い、来い♪
一月宜しくお願い致しますm(__)m

「冷たい麺」あれこれ
 |GW 5月1日よりご提供

ささめざるうどん (夏季のみ)720円, sasame-zaru-udon

皆様こんにちは、何時もご贔屓賜りありがとうございます。
「三日見ぬ間の桜かな」。本当に季節の移り変わりは早いもので
もう五月の声を聞きますし、ゴールデンウィークにも突入です。
天気予報を視ていますと、大変暑くなりそうな大型連休の予想の様です。良い時候の期間はあっという間ですね。

そこで当店も (まぁ、毎年同じ事やっていますが…) 早々と冷製麺の段取りを始めました。
通年やっておりますお馴染みの物から、夏季だけの限定メニューまでざっと紹介したいと思います。
五月の一日から提供させていただこうと思っています。

『ざる』720円

ざる 720円 zaru-soba
ざる 720円

云わずと知れた蕎麦屋のド定番。この蕎麦を基本として、熱い種物、冷たい種物を作ります。ソバ粉は北海道産、二・八の機械打ち。喉ごしの良いところを、本山葵を溶いてスルスルとどうぞ。

『天ざる』1,860円

天ざる 1,860円, ten-zaru
天ざる 1,860円

活車海老二尾、季節の野菜の天ぷらが付いた “ざる” です。
一度食べたら、「次も!」って、必ずなる車海老の甘さは秀逸。
良質な大豆油の口中を、冷たい麺で洗い流せばいくらでも箸が進む事、お約束します。

『山かけ』1,550円

山かけ(冷) 1,550円, yamakake-soba(cold)
山かけ(冷) 1,550円

京都産の山の芋をふんだんにおろして、出汁で溶いた “とろろ “。
冷たい蕎麦にたっぷり、山の様に掛けます。
天に乗った卵黄と混ぜ合わせてズッ~っとやって下さい。
本山葵と焼き海苔の香りが鼻に抜けて、暑さも吹き飛ぶ事、請け合いです。
芋が少し残ったら白ご飯に掛けても良。

『冷やし天おろしそば』1,200円 (夏季だけメニュー)

冷やし天おろしそば 1,200円(夏季のみ), hiyashi-ten-oroshi-soba
冷やし天おろしそば 1,200円(夏季のみ)

ぶっかけ蕎麦に小海老の天ぷらとたっぷりの大根おろしが乗った夏季限定メニューの一品です。「天ざる」程も海老天は要らないって人にオススメです。
冷蕎麦と大根おろしは本当に好相性だと実感出来ますよ!

『冷やしぶっかけ』900円(夏季だけメニュー)

冷しぶっかけ 900円(夏季のみ),hiyashi-bukkake-soba(only summer time)
冷しぶっかけ 900円(夏季のみ)

実は “賄(まかな)い麺”が去年から本メニューに加わりました。「
”ざる”じゃ物足りない」し、かと云って 「”天ぷら” は重いし」って声から実現させました。ぶっかけ蕎麦の上に”焼き揚げ” 、”大葉”、 “茗荷”、”錦糸玉子”を乗せ、見た目も涼しげに仕上げました。ざっくり混ぜて薬味の香りも楽しんで下さい。

『ささめざるうどん』720円(夏季だけメニュー)

ささめざるうどん 720円(夏季のみ), sasame-zaru-udon
ささめざるうどん 720円(夏季のみ)

細打ちのざるうどんで、夏季の冷製メニューの中でも「口当たりと喉ごしは一番! 」と言える程の自信です。
冷たい”うどん”の身上である “コシ “はバッチリ残し、それでいて口当たりは絹のようにソフトです。
出汁も白醤油を使ったうどん専用の付け出汁です。腹持ちも非常に良く、大盛りにされると後で後悔するかも!

『天ささめざるうどん』1,860円(夏季だけメニュー)

天ささめざるうどん 1,800円(夏季のみ),ten-sasame-zaru-udon
天ささめざるうどん 1,800円(夏季のみ)

上記のうどんに、プリップリと甘~い 車海老の天ぷらを付けてどうぞ。

『限定・手打ちせいろ』850
円

限定 手打ちせいろ 850円

ご提供しはじめて三年目になる” 手打ちそば” です。
”ざる “と区別するために敢えて “せいろ” って付けました。
機械打ちと大きく違うところは、茹で上がる時間です。
格段に手打ちの方が短い時間で湯がけます。反対に言い換えれば非常に伸びやすいって事ですので、通年やっておりますが”手打ちせいろ” は冷たい仕様だけの提供とさせてもらっています。
お連れさんと一枚ずつ注文してもらって、機械打ち、手打ちと食べ比べしても面白いかもですね。

なにしろ、頼りない作り手が書き手ですので、あまり美味しそうに響かなかったかもしれませんが、おおまかに説明させていただきました。
暑くて食欲がおちた時にもってこいの冷たい麺。口当たり、お腹持ちも良く重宝します。
これも毎年言わせてもらっていますが、三度に一度位は熱いお出汁もすすってもらって、お腹の虫もご自愛してやって下さい。
大型連休、どうぞ気をつけてお出かけ下さい。沢山のご来店お待ちしております。
尚、連休中は休み無しの営業ですので、毎日でもどうぞ(笑)m(__)m
 
 店主

【2月の季節のおそばとご飯】| 北山権兵衛,ランチ,北山

「二月の季節のお蕎麦とご飯」1350円。

「二月の季節のお蕎麦とご飯」1350円。 「二月の季節のお蕎麦とご飯」1350円。

二月になりました。
昨日は定休日でしたので、今日からの提供です。
月替わりの献立。

「季節のお蕎麦とご飯」1350円

  • きざみ揚げと水菜のお蕎麦
  • 節分福豆ご飯
  • 鰯と冬野菜の天ぷら

です。

毎年よく似たメニューですがこの豆ご飯はとても人気ございます。歳の数だけのご注文はご遠慮下さい(笑)

蕎麦屋での厄除けお出で下さい。
今月も宜しくお願い致しますm(__)m